ボトックスの効果を知って美しくなろう│副作用の症状も徹底解説

治療の部位

注射を持つ人

ボトックスという治療では、独特な臭いを発するワキガや顔にできるシワ、ふくらはぎや二の腕といった場所の部分やせに効果を発揮することのできる治療となっています。このボトックスには食中毒の原因として知られているボツリヌス菌を使用することで有名になりました。一般的にはボツリヌス菌を使用すると体にも影響が出てしまうのではないか、と考えますがボトックスで使うボツリヌス菌は最低限まで毒素を薄めて使用しているので食中毒などの副作用を引き起こす心配はないのです。また、ボツリヌス菌の毒素には神経の麻痺や細胞の機能の低下という効果を持っているため治療にも活かすことができます。ワキガの治療であれば、ワキの汗を調整する細胞や汗腺に働きかけ汗の量を抑えることができるようになり、また手足の多汗症に関しても同様です。さらに顔にできるシワを取り除くこともできます。顔には表情を作り出すための筋肉があり、その筋肉が発達したり活性化されることでほうれい線などのシワが出来てしまうことが多いのですが、ボトックスではこうした筋肉を一時的に麻痺させることができるのでほうれい線などの表情筋によって作られたシワを除去します。ふくらはぎや二の腕の部分やせも同様に筋肉を麻痺させ、筋肉自体の大きさを小さくすることで部分的に痩せるようにさせるのです。
ボトックスでは様々な場所や治療が行えますが、やはり使用している成分にボツリヌス菌が含まれることで多少のリスクがあります。リスクとして生じるもので副作用がありますが、ボトックスの仕様により出る副作用の中に局部的な神経麻痺、痺れ、痛みというものがあり使用した人によって副作用も変わってきます。ただし、これらの副作用に関してはすぐに改善することもあるので安心できます。仮に副作用が出てきた場合はすぐに治療を受けた病院に行き、ドクターに相談するようにしましょう。