ボトックスの効果を知って美しくなろう│副作用の症状も徹底解説

ボトックスの種類

注射器

ボトックスと一般的に言われているものが多くの方が治療の名称だと思っています。しかし、ボトックスと言うのは治療の名前ではなく実は商品名なのです。また、このボトックスにはいくつもの種類がありそれによって料金が安かったり効果が違ったりします。ボトックス自体は元々海外で生成された薬剤になっており、それを国内の病院やクリニックで使用したことから多くの方がボトックスという治療だと勘違いをしてしまったのです。この薬剤の効果は使用するものによって変わってきます。ある薬剤では、注射する際の痛みはほとんどなく、効果として3ヶ月から4ヶ月程持続します。また、注射後2日以内でその効果が現れるようになり、二週間も経てば最大効果まで到達するのです。この薬剤はボトックスの中でも比較的効果なものとされているため、クリニックや病院で少し高いボトックスがあればこの薬剤を用いている可能性が高いでしょう。
別の薬剤では広範囲で効果を発揮することができ、注射する時の痛みも少ないものがあります。この薬剤は効果範囲が広いため、シワ取りにも有効とされている場合があります。最適な使用箇所としては顔のエラやワキ、手足の末端部分とされており、多汗症の治療にも効果があります。これらの薬剤に関しては副作用もあります。しかし、副作用といっても一過性のものがほとんどなので一定期間を過ぎれば自然に回復する症状が多いです。副作用として現れる症状は、麻痺や一部機能の低下になりボトックスの薬剤の効果に過剰反応を示したために発生すると考えられています。使う薬剤によっても副作用の症状が変わってきますが、通常の治療では滅多に現れることはないので問題はありません。心配であれば治療を行なう病院やクリニックの担当に確認するといいです。患者にも分かりやすく、しっかりと説明をしてくれるでしょう。